株式会社山辺ホームページ
山辺デジタルパーツプラットフォーム
ねじの技術資料内からキーワードで検索
トップページ  >  メッキ/表面処理 従来  >  メッキ特性 概要2

メッキ特性 概要2

(1)メッキの種類、等級及び記号

‥典ぐ ̄凜瓮奪 (JIS H 8610-1991抜粋)
メッキの種類
等級
メッキ最小厚さ μm
記号
旧記号
1種A
1級
2
Ep-Fe/Zn 2 又は Ep-Fe/Zn [ 1 ]
MFZn
2級
5
Ep-Fe/Zn 5 又は Ep-Fe/Zn [ 2 ]
MFZn
3級
8
Ep-Fe/Zn 8 又は Ep-Fe/Zn [ 3 ]
MFZn
4級
13
Ep-Fe/Zn 13 又は Ep-Fe/Zn [ 4 ]
MFZn
5級
20
Ep-Fe/Zn 20 又は Ep-Fe/Zn [ 5 ]
MFZn
6級
25
Ep-Fe/Zn 25 又は Ep-Fe/Zn [ 6 ]
MFZn
1種B

1級
2
Ep-Fe/Zn 2/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 1-C1 ]
MFZn
2級
5
Ep-Fe/Zn 5/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 2-C1 ]
MFZn
3級
8
Ep-Fe/Zn 8/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 3-C1 ]
MFZn
4級
13
Ep-Fe/Zn 13/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 4-C1 ]
MFZn
5級
20
Ep-Fe/Zn 20/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 5-C1 ]
MFZn
6級
25
Ep-Fe/Zn 25/CM 1 又は Ep-Fe/Zn [ 6-C1 ]
MFZn
2種

1級
2
Ep-Fe/Zn 2/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 1-C2 ]
MFZn-C
2級
5
Ep-Fe/Zn 5/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 2-C2 ]
MFZn-C
3級
8
Ep-Fe/Zn 8/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 3-C2 ]
MFZn-C
4級
13
Ep-Fe/Zn 13/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 4-C2 ]
MFZn-C
5級
20
Ep-Fe/Zn 20/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 5-C2 ]
MFZn-C
6級
25
Ep-Fe/Zn 25/CM 2 又は Ep-Fe/Zn [ 6-C2 ]
MFZn-C


⇒詫三 ̄凜瓮奪(ドブメッキ・天プラメッキ) (JIS H 8441-1982抜粋)
   種類、規格は付着量及び硫酸銅試験回数により分類される。
種類
記号
付着量g/平方m
硫酸銅試験回数
備考
1種
A
HDZ A
4回
硫酸銅の浸漬回数を規定し
付着量を規定しないもの
B
HDZ B
5回
2種
35
HDZ 35
350以上

付着量を規定し、
硫酸銅試験の
浸漬回数を
規定しないもの
40
HDZ 40
400以上
45
HDZ 45
450以上
50
HDZ 50
500以上
55
HDZ 55
550以上

備考:
     1. 摩擦接合用高力ボルトはHDZ55のメッキ品である。
     2. 一般のボルト・ナット・ワッシャーはHDZ35のメッキ品である。


ニッケルメッキ (JIS H 8617-1991抜粋)
素地金属
メッキ金属の種類
等級
メッキ最小厚さ μm
記号
旧記号
鉄鋼
銅-ニッケルメッキ
1級
3
Ep-Fe/Cu+Nib 3 又は Ep-Fe/Cu+Nib [ 1 ]
MFNi
2級
5
Ep-Fe/Cu+Nib 5 又は Ep-Fe/Cu+Nib [ 2 ]
MFNi
3級
10
Ep-Fe/Cu+Nib 10 又は Ep-Fe/Cu+Nib [ 3 ]
MFNi
4級
15
Ep-Fe/Cu+Nib 15 又は Ep-Fe/Cu+Nib [ 4 ]
MFNi
5級
20
Ep-Fe/Cu+Nib 20 又は Ep-Fe/Cu+Nib [ 5 ]
MFNi
銅及び銅合金
ニッケルメッキ
1級
3
Ep-Cu/Ni 3 b 又は Ep-Cu/Nib [ 1 ]
MFNi
2級
5
Ep-Cu/Ni 5 b 又は Ep-Cu/Nib [ 2 ]
MFNi
3級
10
Ep-Cu/Ni 10 b 又は Ep-Cu/Nib [ 3 ]
MFNi



(2)電気亜鉛メッキについて

■処理工程
電気亜鉛メッキ 処理工程
■前処理
メッキを行う前には、製品に付着している油脂や錆等の汚れを除去し、表面をメッキに最も適した状態にする 工程の事を前処理といい、通常脱脂と酸洗いの工程をいう。
この前処理は、メッキの品質や作業性能率を 向上させる大切な工程で、必ず行わなければならない。
    1)脱脂
表面に付着している油や油性の汚れを取る事を脱脂といい、ねじ製品では通常アルカリ脱脂を、 高精度の脱脂を必要とする場合にはアルカリ溶液を使用する電解脱脂の方法がある。
    2)酸洗い
表面の錆や、スケールと呼ばれる酸化皮膜を酸液に浸漬させ除去する事を酸洗いという。
■ベーキング処理
高炭素鋼や炭素含有量の多い特殊鋼などは、酸洗いやメッキで、浴中に発生する水素を吸収し、この水素 が鋼をもろくし、割れの原因となる。(水素脆性という) 従って、酸洗いやメッキ後は約190℃で数時間加熱し て、鋼中の水素を放出することが必要となる。
この処理の事をベーキング処理という。



(3)溶融亜鉛メッキについて
■処理工程

溶融亜鉛メッキ 処理工程


● 亜鉛を鉄曹(低炭素鋼)に入れ加熱し450℃付近で溶融し、その中に洗浄した品物を1分間前後浸漬すると亜鉛皮膜がつく。
● メッキ付着量の多いものほど、耐食性が優れ製品寿命も長くなる。
● 耐食性は電気亜鉛メッキと比較して厚さが圧倒的に厚いので長時間の耐食性がある。(同じ厚さであれば電気亜鉛メッキの方が約六倍の耐食性がある)


(4)ニッケル及びニッケルクロムメッキについて

● ニッケルメッキだけしたものは、長い期間を過ぎると変色するので、装飾のためにはその上にクロムメッキを施している。
● 光沢ニッケルを利用すれば高度な光沢と平滑性に富み、皮膜は固く傷がつきにくく、美しい。
● クロムメッキ層が上にあれば、高級感のある装飾品に利用される。
● 鉄素材の防錆と外観美の保持のために、
A−銅→ニッケル→クロム
B−ダブルニッケル(二重ニッケル)→クロム
C−トリニッケル(三重ニッケル)→クロム
などがあるが、銅は公害の規制金属でもあるのでダブルニッケル、トリニッケル法が徐々に増えている。


■処理工程(Aの場合)

ニッケル・ニッケルクロムメッキ 処理工程


※上述の資料はあくまで参考です※
すべての条件や環境で直接利用できるものではございません。
あくまで参考にしていただく程度のものとお考えください。
資料に関してのご質問等はお受けいたしておりません。
万が一、問題が発生致しましても当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承下さい。
当サイトの資料にて間違い等を見つけられましたら、品質向上に向けて都度修正を行ってゆきたい所存ですので
大変お手数ではございますがお問い合せにてご報告を頂けましたら幸いです。

おすすめ ネジ・締結部品

前へ
         
次へ
情報量拡大・品質向上に向けて只今簡単なアンケートを実施しております。
ご協力をお願い致します。    アンケート結果を見る
■Q1.当サイトの資料は
役に立った 役に立たなかった
■Q2.今後当サイトが有料登録制になった場合
小額であれば利用したい
月額 円以内
利用したくない
■ねじに関連する資料で今後追加を希望する資料がありましたらご記入ください。