株式会社山辺ホームページ
山辺デジタルパーツプラットフォーム
ねじの技術資料内からキーワードで検索
トップページ  >  ねじの下穴径表  >  下穴について

下穴について

■ 下穴径
 
下穴径の大きさは、タッピング作業の難易を大きく左右すると言っても過言ではありません。
おねじのねじ山とめねじの溝が、かみ合う高さの比率をひっかかり率といい、次式で表されます。
 
ひっかかり率
percentage of thread engagement
(おねじ外径の基準寸法)-(下穴径)
×
100
(basic major dia of extemal thread)-(drill hole dia.)

2×(基準のひっかかりの高さ)
2×(basic height of thread engaement)
 
めねじの下穴を加工するときには、このひっかかり率を考慮して穴あけをしなければなりません。
めねじの下穴は下穴径に等しいので、ピッチP、おねじ外径d、ひっかかり率を定めなければ、
下穴径はメートル、ユニファイねじの場合、おねじの山の基準高さは0.542166Pなので、
   
d-2×(0.541266P)
×
ひっかかり率
下穴径
(Percentage of thread engagement)
Drill Hole diameter

100
 
で求められます。
 
d:おねじ外径
P:ピッチ
   
■図1 ひっかかり率
 
おねじは基準山形の形をしている場合
ひっかかり率
 


※上述の資料はあくまで参考です※
すべての条件や環境で直接利用できるものではございません。
あくまで参考にしていただく程度のものとお考えください。
資料に関してのご質問等はお受けいたしておりません。
万が一、問題が発生致しましても当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承下さい。
当サイトの資料にて間違い等を見つけられましたら、品質向上に向けて都度修正を行ってゆきたい所存ですので
大変お手数ではございますがお問い合せにてご報告を頂けましたら幸いです。

おすすめ ネジ・締結部品

前へ
         
次へ
情報量拡大・品質向上に向けて只今簡単なアンケートを実施しております。
ご協力をお願い致します。    アンケート結果を見る
■Q1.当サイトの資料は
役に立った 役に立たなかった
■Q2.今後当サイトが有料登録制になった場合
小額であれば利用したい
月額 円以内
利用したくない
■ねじに関連する資料で今後追加を希望する資料がありましたらご記入ください。