株式会社山辺ホームページ
山辺デジタルパーツプラットフォーム
ねじの技術資料内からキーワードで検索
トップページ  >  リベット  >  ハンドリベッターの使用方法等

ハンドリベッターの使用方法等

■ 特徴

■ 用途

■ 種類

片手式横形   片手式立て形
片手式横形   片手式立て形
両手式立て形    
両手式立て形    
ブラインドリベット
ブラインドリベット
片手式では、ブラインドリベットの2.4、3.2、4.0、4.8の4サイズのリベット締めができ、
両手式では加えて6.4のリベット締めが可能です。
一般的に普及しているのは片手式横形です。
片手式立て形は横形では作業のしにくい場所(上向きの作業や奥行きが深い所へのリベット締め等)にて使用します。
■ 使い方
手順1   手順2
手順 1
母材にリベット径よりも0.1〜0.2mm大きい下穴をあけます。
 
手順 2
母材下穴にリベットを差し込みます。
手順3   手順4
手順 3
リベットのシャフトにリベッターを差し込みます。
 
手順 4
母材に、リベットのフランジ部が密着した状態でリベッターのハンドルを閉じる事によりリベットがかしまります。
リベットサイズや母材の厚み次第で1回のハンドル操作でリベットが切断されないことがあります。
切断されるまでハンドル操作を行って下さい。
手順5    
手順 5
リベットが切断されたらハンドルを開き、切断されたリベットのシャフトを排出します。
   

■ 使い方の注意
使い方の注意

■ 警告 ■
作業時は保護眼鏡を着用して下さい。
切断されたリベットのシャフトが飛び出し、傷害を及ぼす恐れがあります。
※ 注意


※上述の資料はあくまで参考です※
すべての条件や環境で直接利用できるものではございません。
あくまで参考にしていただく程度のものとお考えください。
資料に関してのご質問等はお受けいたしておりません。
万が一、問題が発生致しましても当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承下さい。
当サイトの資料にて間違い等を見つけられましたら、品質向上に向けて都度修正を行ってゆきたい所存ですので
大変お手数ではございますがお問い合せにてご報告を頂けましたら幸いです。

おすすめ ネジ・締結部品

前へ
         
次へ
情報量拡大・品質向上に向けて只今簡単なアンケートを実施しております。
ご協力をお願い致します。    アンケート結果を見る
■Q1.当サイトの資料は
役に立った 役に立たなかった
■Q2.今後当サイトが有料登録制になった場合
小額であれば利用したい
月額 円以内
利用したくない
■ねじに関連する資料で今後追加を希望する資料がありましたらご記入ください。